ぽっふん日記

3兄弟 悩みや喜び とかとか

子どもの出会う人は全て善人とは限らない👀〜長男の話〜①

 

自己紹介👀

poffun.hatenablog.com

 

私自身は子どもに誠実で真っ直ぐな人間でありたいと思っているが、子どもの出会う人の全てが善人とは限らないと思っている。

 

長男が小2の時、年配の先生であった。何年も先生をされているようであったが、長男のクラスは二学期にはいると徐々に荒れていった。

 

私が参観日に見た感じや長男本人や周りの人たちの話を聞くと、

◯授業中立ち歩いている子がいる

◯乱暴な遊び方が多い

◯授業中、私語が多い

 

そんな感じで、私は学級崩壊に近いんじゃないかなと感じていました。しかし、これは分かったことの一部であり、長男が体験したこととはまた違うことでした。

 

授業中の立ち歩きや私語はうちの長男も多かったようです。本人曰く、「他の人もしているからいいと思った」と…🙃やめてー。

そして、長男の迎えに行って担任と話した時、衝撃的なものを見てしまいました。

 

私と担任が話している横にいた長男は自宅では見たこともないような人を見下すような顔をして担任を見ていたのです。

 

一瞬、この子はこんな顔もするのかと驚き、戸惑いました。

 

そして、帰り道。長男に「今、先生といた時のあなたの顔、とても良い顔ではなかったね。どうしてあんな顔をするの?」と聞くと、「だってみんなこんな顔で先生と話すよ」と。

 

 

おぉ😣

 

 

良くも悪くも周りの雰囲気に飲まれやすい長男。みんなに笑ってほしい長男。

ふざけて、先生に対して舐めた顔、態度を取り騒いでいたようです😢

 

我が子のこんな様子にとてもショックをうけましたが、やっぱり家と学校って違うなと再認識しました。

 

しかし、なぜ、長男はこんな態度であったのか。

 

理由が分かったのは更に半年後でした。つづく。

 

 

 

 

ぽちぽち

↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログへ