ぽっふん日記

3兄弟 悩みや喜び とかとか

三男(年中)預かり保育に行くことを納得しない😑

夏休みも後半に入ってます😆そう、そろそろ諦めてほしい。三男(年中)は、兄たち(小5、小3)と一緒に留守番したいが、毎日、私に預かり保育へ連れて行かれます😑

 

毎朝、兄たちとうきうきゲームをして(そうよね、朝からゲームしてるからダメなのよね)、もっとやりたい!と怒り、「ママのせいで負けた!」と当たり散らされ…😇

 

「ほんまに、もうママ遅れちゃう!」とブチ切れ気味に三男を説得し(あれ?説得??)時には三男を担いで登園しています。

毎朝、汗だく😇

 

そして、ついに腰をやってしまいました😂もう担げません。

 

夏休み、みなさんいかがお過ごしでしょう…。ご自愛ください。

 

にほんブログ村 子育てブログへ

やらないといけないから母親をやってるだけですけど😶

夏休み、暑さと昼ご飯の準備と子どもたちの宿題を見ないといけないのとで日々いっぱいいっぱいです🫠

 

私なんかが三兄弟の母親してるんです🙄自分でも「ホントに男の子3人産んだのかしら?」と子どもの数かぞえますが、やっぱり3人産んでるんですよね。ゆめみたい🥺

 

 

私が初めて「お母さんになったのか」と思ったのは長男を出産して、入院中に「お母さん」と看護師さんに呼ばれた時です。むずがゆいような、緊張するような、まるでクラス投票で「学級委員に選ばれました」と言われたような責任と役割を与えられたような気がしました🙄

 

「やらないといけないから母親をやっている」本当にそう思います。責任も役割もなくなったらどんなにラクになれることだろうと、ダークサイドに落ちるときもありますが、「ねー、お母さん」と本当に必要としてくれていて子どもからの愛をひしひしと感じるときは「お母さんをやり遂げよう」とも思ったりします🙂

 

でもまぁ、本当にただただ普通のむしろおっちょこちょいで、うっかり冷蔵庫で豆腐3連パックの賞味期限切らすような母ですがね🥲

 

まだまだ、お母さん歴10年と少しですが、ちょっとずつホンモノのお母さんになれてるかしらと頑張っております🫡

 

誰だってはじめての親ですもんね。完璧にはいかんですよね。

 

にほんブログ村 子育てブログへ

お盆なのに両方の実家に帰らず🫣

お盆ってなんだか、お仏壇に手を合わせに実家へ帰らないといけないようなそんな気がしていましたが、今年は私の住んでる田舎のこの町にもコロナがまん延してしまっていて、夫も「今年はどこにもいかない」と宣言しちゃってるもんだから、自宅で過ごしてました🙄

 

しかし、ラーメンくらい食べに行くかと、息子たちが大好きな天下一品に行こうとしたらあいにく閉まっており、しかし、外で食べる気になっていたので並ばずに入れるところを探したら、焼肉屋さんに行き着きました🤤

 

焼肉屋さん…。不安しかないけど、行ってみました。子連れ焼肉って結構、難易度高めですよね。鉄板あるし、焼いてる間子どもたち暇だし、他の座席と近いし🫠

 

それに加えて、うちの子たち、発達障害があるからか、待てないし暇になると転がったり怒ったり…。でも、こういうお店も経験しなきゃ学べないと、かなーり久しぶりに入ってみました。

 

幸いにも、食べ始めから食べ終わりまで近くの席に誰も来ず子どもたちはちょっとだれたりしながらもモリモリ肉を食べポテトを食べデザートまでいきつくことかできました🥹

 

ほんと、感無量🥹

 

誰一人。火傷せず。大声出さず。本当にほっとしました。

 

いやー、しかし、ラーメンから焼肉に突然の変更ってお財布もびっくりよ🥲たまにはね、いいですよね😗

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ

何か食べたいと言うときの何かは既に決まっていると思う😑

子どもが「何か食べたい」という時、たいて「何か」は決まっている😑まったくもって不愉快です😖

 

我が家のおやつは食べすぎ防止などのために毎日配給制となっています🍬そのおやつはいつ食べてもよいので夏休みは早々になくなり気味です😇

私が帰宅するとお弁当を残した長男(小5、発達障害)が、「何かない?食べたい」とやってきた。

「いやいや、弁当のおにぎり一個しか入れてないのに食べてないよ。弁当も食べてないのに?」と私がいうと「ほしくない。何か食べたい!」と矛盾なことを言ってくる😇

 

「わかったよ。おにぎりは食べたくなかったんだね。じゃあ、何いるの?パン?おにぎり?」と聞くと「何か食べたい。そんなんじゃない」と😑

 

「じゃあ何食べるの?うどんとか?」と聞くと「うどん!」と元気よく答えた😂

 

先日、冷凍うどんの食べ方を教えたとこなので一人でやってみて。と伝えると、うきうきお皿を出して準備始めた。次男(小3)の名前を呼び「お前もいるか?」と兄っぷりを発揮😋素敵です。

次男は嬉しそうに「おれも食べる❤」と答え、長男は「好きな分だけ自分で注ぎな」とうどんの汁をお椀にいれて準備して去っていった。

 

きゃー!すてきー!!

 

 

こうやってちょっとずつ長男のできることが増え、それを目の当たりにできてとても嬉しい母です😊

 

でも、ホント「何か食べたい」って時の「何か」って決まってますよね😶じゃあまずその「何か」の名前を言いなさいと思うわ。

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ

 

 

 

いいシール(絆創膏)がないと三男からクレームきてます🙄

子どもって無駄に(おっと失礼)絆創膏、貼りたがりますよね😇

我が家でも絆創膏は常備していますが、良いやつはすぐに無くなります。鬼滅の刃の煉獄さんとか。魘夢とかが残り気味…。長男(小5)や次男(小3)はもうキャラクターものは卒業しちゃったので、使うのは三男(年中)だけ。

しかも、キャラの絆創膏は割高…😓

 

たまにですが、普通の絆創膏に絵を書いたりとしてますが、「ちょっと違う」と言われることも😂

 

ゴジラ愛の強い三男はぜひともゴジラのシール(絆創膏)を探してほしいと常々言っておりましたが、ゴジラの絆創膏なんて見つからない。なので、アニアの絆創膏を買ってみました🦖

 

なんか。いろいろある😀

 

三男、きっと喜ぶだろうなと渡すと目をキラキラさせて「これ、ママが?かったの?いいの?」と😍

 

いやー買ってよかった。3人目だからって私の手書き絆創膏を続けんでよかった😂

 

「ねぇ、これはしっぽが動くやつなの?出していい??」

 

おや、何か勘違いされている…?😅「これはおもちゃじゃなくて、絆創膏よ」と教えると、しょんぼりしてました😂

 

中身をすべてシール(絆創膏)と確認したら、箱をハサミで切り刻んでました✂

 

おぅ🙄今度はおもちゃ買ってくるわ…。

 

にほんブログ村 子育てブログへ

子どもにどんな人になってもらいたい?🙄

 

なかなか壮大なテーマですが、もう本当にこれは小さな積み重ねです。やってはいけないことをしているときにその都度、子どもに伝える。感情的に伝えるのではなく、「あなたはそう思っているんだね」と相手の気持ちを受け止め、「私はこう思うよ」と親としての思いを伝える。

 

この繰り返しだと思っています。

 

私は、我が子を人間の大人にすべく努力しています。しかし、私と子どもだけの世界ではない。色んな人と関わりながら、理解されないことや認められる経験を積みながら、育ってほしいと思っています。

 

最近の話ですが、長男(小5、発達障害)が家庭科ノート(言葉が穴あきになっていて埋めるようになっている)を真っ白で先生の付箋付きで持っているのに気づきました😇

長男は授業を受けるのが苦手。家庭科のような興味もない授業はさらに上の空で過ごしいるようです。

付箋付き…。仕上げてくださいってことか?と言葉の穴埋めをしようとしてもよくわからない。右隅には「教科書◯〜◯ページ」と書かれてある。

 

長男に「家庭科の教科書は?」と聞くも「わからない。学校かな?」と。

 

夏休みやぞ😇

 

しかし、真っ白を見つけてしまったらやらんといかんやろ😇長男を連れて学校へ。

長男、こういうとき学校に行くのが苦手です。先生に「〇〇忘れたので取りに来ました」と言えないのです。今日こそは自分で言ってもらうよ!と説得しながら校舎へ。幸いにも担任を見つけることができて、さぁ要件を!を長男を前に出すと

 

うなだれ、首を横に振り続け、泣きそうになっている。

 

自分の気持を伝えるのはちょっと苦手な長男ですが、こうなってしまう時はもう自分の殻に閉じこもってしまって「できません」アピールをしてしまう。

私にはそんなに大変なことのように思わないが、長男にとってとても大変なことのようです…。しかし、この「困っているときに助けを求める」というのは彼に絶対必要な能力なので身につけてほしいと思っています。

「長男、苦手なんだね。でも、自分のことだから自分で言えるようになってほしい。」と説得するもイヤイヤと首を振り続け、涙が落ちてきました😑

 

そこまで、攻めたいわけでもないので。

 

「必殺、二人羽織!」と叫びながら長男の背後から手を取って「家庭科の教科書忘れたのて取りに来ました!」と言いました😂

本人は嫌がっていましたが。

 

うーん。なかなか難しい。いろんな人と関わる経験をもっと積まねばと思っています。

しかし、小5やぞー、自分で言ってくれー😫と心のなかでは叫んでます。本人には言えませんが😑

 

いつまでもお母さんにしてもらうじゃ、本当に一人で困ったときに何も言えないんじゃ、本人が辛くなっちゃいますから。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ

 

弟の心配をする兄の姿が愛おしい😂

我が家は三兄弟🍡長男(小5)、次男(小3)、三男(年中)です。確定診断がついているのは長男のみですが、みんな発達が凸凹そうな気配…。

 

三男は体はまぁまぁ大きい方ですが、言葉がイマイチなところがあります。発音についても「さ行」は「ちゃ、ちぃ、ちゅ、ちぇ、しょ」みたいな感じです😓

そんな発音が怪しい三男のことに気づいた兄たち。

 

次男が「『あ・さ』言ってみ?」と三男にいうと、「あ・ちゃ」と答える。次男は私の顔を見て眉をしかめる🤔

「『お・す・し』言って!」と次男。「お・しゅ・ちぃ」…🤔

それを見ていた長男も「これ、ヤバない?」と心配しだしました😂

 

それから、兄二人からあいうえおの特訓を受けている三男です😀

三男は途中から飽きちゃって「うんこ!」とか叫びだしてましたが、兄たちはいたって真面目に教えていたのでそれが可愛くて面白くて。

 

ずっとニヤニヤしていました😁

 

にほんブログ村 子育てブログへ