ぽっふん日記

3兄弟 悩みや喜び とかとか

次男(小3)の通級指導教室がヤバかった🥺 その2

 

自己紹介です

poffun.hatenablog.com

 

前回のお話はこちら

 

poffun.hatenablog.com

 

 

次男の通う通級指導教室の先生よりクラス担任にソーシャルスキルの問診をとり、その回答がそのまま子どものファイルに閉じられており、学校終わり、次男の担任にそのことについて話してみました。

 

私「先生、先日は通級でのソーシャルスキルの問診に答えていただいてありがとうございました。」

担任「いえ。あれは一学期の次男さんの様子と二学期始まってからの様子を合わせているので、一学期の落ち着いてない感じを書いてますね😥」

私「はい。知ってます。次男の通級ファイルにそのまま閉じられておりました🥺」

担任「え!?」

私「通級の先生から先生にもやっぱり確認はなかったですか?」

担任「あれをそのまま!?私は何も聞いてないです…。次男さん見たんですかね。」

私「いや、多分見てないと思いますが、やっぱりまずいですよね」

担任「申し訳ありません!」

私「いえいえ。私は、次男の姿がリアルに知ることができて良かったですよ。でも、やっぱり通級の先生には私から言っておきますね。まずいですよね。あと、回答用紙は次男の個別指導計画書に閉じておきますね」

 

 

 

一通り話終えて、帰宅しました🥺

 

やっぱり、担任にも確認していないし、子どもに見えるところにとじておくものでもなかった…。

 

次回の通級指導教室のときにキチンと話さないといかんなぁ🤔と考えておりました。

 

その日の夕方、次男の担任より連絡がありました。

 

担任「本日はお母さんにとても嫌な思いをさせてすみませんでした」

私「いえいえ。本当に、大丈夫ですよ」

担任「校長にもこの件を話させていただきました」

私「そうなんですか(なんか大事になっとる…)」

担任「また、校長からも連絡があると思います。あと、通級の先生にもこちらからお話することになりました。本当に申し訳なかったです」

 

 

なんか、大事になっとる…。やっぱり、そんなまずい用紙だったんやなぁ。と、考えておりました🤔

 

しばらくすると、校長から電話がありました。

 

 

校長「この度は本当に申し訳ありませんでした」

私「いえいえ。私は大丈夫ですよ」

校長「このことを通級学校の教頭に連絡し、このあと、教頭と担当の先生が直接お詫びに自宅まで行きたいと話しているのですが…」

私「(めっちゃ大事になっとる(;・∀・))いやいや。本当に、大丈夫ですから。来ていただかなくて大丈夫です。この電話だけで十分ですよ。」

校長「他にも通級について何か思うことはありますか?」

 

どうしようかと思ったが、この際だからと思い、以前、次男がVRゲームをやりたいといって通級で話した時、通級の先生から「アメリカの8才の子どもが老女を銃殺。銃殺前にバーチャルゲームをしていた」というネットニュースを次男に話されたという話を校長にした。

 

私「いつも大変お世話にはなっているのですが、ちょっと思うところがいくつかありました。」

校長「そんなこともあったのですね」

 

もうこれ以上はいいですよとお話して電話を切りました。

 

夕飯時。再度、学校から電話がなりました🥺もうええ言うたがな。

 

 

 

つづく。

 

 

 

ぽちして

↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログへ